幽霊船、ジョイタ号 (MV Joyita)にまつわる謎

ジョイタ号 (MV Joyita)

ジョイタ号は、幽霊船の中でも『太平洋のマリー・セレスト号事件』として話題に上がる。

1955年11月、南太平洋のサモア諸島の洋上で、漂流している一隻の船が発見された。
確認したところ、この船は1ヶ月前にサモア諸島のアピアを出港していたジョイタ号であった。

ジョイタ号は首都アピアから430キロ離れたトケラウ諸島に向かう途中で、忽然と姿を消したのだった。
発見時、全長60フィートの船体は多少傾いていたものの、まだ十分に航海できる状態だった。

しかし船内の様子は異様だった。
船長ダスティ・ミラーを含む乗組員5人と乗客20人、そして航海日誌が消えていたのだ。
しかも持ち物はや食料ほとんどそのまま残っていて、外に持ち出された形跡は無く、無線送信機も残されていた。

生活用具も使いっぱなしで、ついさっきまでそこに日常生活が営まれていたような状態だった。
突然何らかの異常事態が起こり、そこで時間が止められたような空間であった。

ジョイタ号事件は、背景には政治的な力が加わった犯罪事件であるとか、神隠しに違いないなど、いろいろな推理が出されたが、結局のところ真相は謎のまま迷宮入りとなった。

ジョイタ号 (MV Joyita)

ところが事件から4年が過ぎたころ、事態は思わぬ展開を見せる。
1 959年(昭和34年)1月、ニュージーランドの海岸に漂着した1本のビンが「失われた時」の謎に1つの手がかりを与えたのである。
ビンの中にはメモが入っていたが、なんとそれはジョイタ号の乗組員が走り書きしたメモであった。

内容は異様なもので「奇妙な物体が我々を連れ去ろうとしている…」というものであった。
このことから、ジョイタ号に乗っていた人々はUFOに連れ去られたとする説もある。

© 世界の幽霊船 -Ghost Ships- All rights reserved.