幽霊船の代表、マリー・セレスト号にまつわる謎

マリー・セレスト号 (Mary Celeste)

幽霊船と聞いて世界的に有名なのがマリー・セレスト号(メアリー・セレスト号)だろう。
1872年11月、ベンジャミン・ブリッグス船長は妻、2歳の娘、そして7人の船員と共にマリー・セレスト号に乗船した。船はニューヨークを出発し、イタリアまで行く予定だった。
しかし、そのわずか1ヵ月後の12月5日、イギリスのグラチア号が大西洋をさまようメアリーセレスト号を発見。
その船はどこに向かうわけでもただ浮かんでいるだけの状態だったため、不審に思ったグラチア号の船長は何人かの乗組員とメアリーセレスト号に乗り込んだ。

ところが船内には人間の姿はなくまさに無人。雨風による痛みはあるものの全体に大きな損傷はなく船を棄てて乗員が消える理由は見当たらない。海賊に襲われたような痕跡もなかった。

船から消えたのは、人間と、救命ボート。そして積載されていた工業用アルコール6樽が空になっていた。

この謎には諸説ある。
それは乗組員による暴動、海賊襲撃、海の怪物、食中毒、暴風雨、工業用アルコールの爆発等…。
しかし原因はいまだに究明されておらず、マリー・セレスト号はこれまで史上最大の謎を秘めた幽霊船として語り継がれている。

後世における脚色・都市伝説

この事件は後世、様々な脚色や創作が盛り込まれて都市伝説化している。

特に船の発見時、直前まで人がそこにいたかのような形跡があったとし、「船長室のテーブルには食べかけの朝食、船員の部屋には食べかけのチキンとシチューも残っていた。いずれもまだ暖かくコーヒーには湯気が立っていた。」

「洗面所ではついさっきまで誰かがヒゲを剃っていたかのような形跡があったり、調理室では火にかけた鍋がグツグツに煮立っていたなど、まるで乗組員が一瞬にして消え去ってしまったかのような状況だった。」など。

そして船長の航海日誌には「12月4日 我妻、メアリーが…」と走り書きが残されていたという創作もあるが、ブリッグズの妻の名前はサラである。

© 世界の幽霊船 -Ghost Ships- All rights reserved.