ゴースト/血のシャワー (1980年)

ゴースト/血のシャワー (1980・カナダ、イギリス)

あらすじ

北大西洋を航行していた豪華客船が、突如現れた謎の巨大な鋼鉄船に追突されて沈没した。
救命ボートで脱出し漂流していたアシュランド船長やマーシャル副船長ら生存者の前に謎の巨大な鋼鉄船が再び姿を現し、彼等はそれに乗り移る。しかし、その船には人の気配が全くなく、やがて不気味な現象が彼等を襲い、1人また1人と殺されていく。
その船は第二次世界大戦中のナチス・ドイツの拷問船の幽霊船で、船を操るナチスの悪霊が糧となる人間の生き血を求めて海をさまよっていたのだ。
マーシャル達は船からの脱出を試みるが、その前にナチスの悪霊にとりつかれたアシュランドが立ちはだかる。

キャスト・スタッフ

【監督】 アルヴィン・ラーコフ

【製作国】 カナダ・イギリスの合作

【キャスト】
ジョージ・ケネディ
リチャード・クレンナ
ニック・マンキューゾ 他

メモ

・幽霊船が部隊の映画『ゴースト・シップ』
・『ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース 』フォーエバーのスタンド「ストレングス」
・宇宙ホラー『イベントホライゾン』
などに影響を与えたとされる映画です。

見どころ(ネタバレ注意)

結構ショッキングなシーンが多いです。
血の噴き出るシャワーとか、死体だらけのプールに飛び込んだりとか、顔が崩れるキャンディ…など、とにかく怪奇現象が巻き起こります。
ちなみにゴーストって邦題ですが、幽霊は現れません。怪現象が起こることで「いる」雰囲気や恐怖を演出しています。
幽霊船本体とか小物がいい味を出してるので、是非人以外も注目してみてください。
B級映画ゆえの脚本や演出の酷さも込みで、好きな映画です。

© 世界の幽霊船 -Ghost Ships- All rights reserved.